カテゴリ:ジャベルについて( 5 )
シトロエン専門店 ジャベル(JAVEL)のサービス


f0323608_21273294.jpg

JAVELは1960年に創業した自動車修理工場に端を発します。
ときどきお客様にも指摘されますが、私たちの社屋は自動車販売店というよりも
修理工場にしか見えないようです。

修理を行う為にはサービスパーツとツールが必要です。まずはその手当てからはじめます。
車を入れる前にまずその車両をどうやって保守をさせていただくか??の準備をはじめます。
弊社で取り扱うシトロエンディーゼルやクラシックシトロエンの補修パーツは、
日本国内で調達することは困難です。私たちでは取り扱い車両の保守用の
パーツとツールを備えてお待ちしています。

JAVEL出身の車両は日本中に散らばっています。遠隔地のユーザー様の車両の保守は、
現地のシトロエンディーラーさんや独立した修理工場さんにお願いしています。
正規輸入車両を取り扱うシトロエン正規代理店さんや一般の修理工場さんにとっては、
ディーゼルシトロエンはほとんど見たことのない車両です。
保守パーツがすぐに必要な場合は、私たちから供給をさせていただいています。
ディーゼル用の特殊ツールもお送りして使っていただいています。
サービス上で問題になる故障診断、私たちの工場で扱わせていただく
ディーゼルシトロエンの台数は国内では一番多いと思います。
そんなノウハウの蓄積もサービスを担当してくださる工場さんに
ご提供をさせていただいています。
シトロエンダイアグがあればサービス出来る!!
そう仰ってくださる修理工場さんには、シトロエンダイアグと
サービス情報のご提供も行います。

クラシック系シトロエンもサービスには特殊ツールやパーツが必要となります。
JAVELでは、よりよい走りと信頼性をご提供させていただくために
一部部品の自製も行っています。
悪名高いシトロエンCXのカムシャフト、
いまではすっかり静かに動いてくれるようになりました。
DS用のエアコン用コンプレッサーブラケットも自製です。
新しくレストアを行うCXのエンジン制御は、
ダイアグ機能のついた現代のものを使用しています。
エンジン制御配線やセンサー類は現代の新品をエンジンの細かい設定は
PC画面でユーザー様のご希望で調整も可能、これはもはやクラシックではありません。
ヌーベルクラシックと呼ばせていただきたく思います。

万一の路上救援も準備万端。
車載専用車シトロエンジャンパーアルゲマがいつでも出動態勢です。
フロントに搭載された3L4気筒ディーゼルエンジンは
強力な排気浄化フィルターFAPを備えたユーロ5バージョン、
車両積載時にも黒煙モクモクとはなりません!!
車体がとても軽いのも大きな特徴です。

リアセクションは総アルミ製、このサイズの一般的な車載専用車両では
4トンを超えるのが一般的だそうですが、アルゲマは自重2,5トンに抑えて
望外の低燃費(平均リッター9キロ)を実現しています。
もちろんシトロエンですからフロントドライブ、
低い車体で高速巡航も楽にこなしてくれます。

在庫しているパーツの写真を撮影してみました。さてどれがどれでしょう???
C6ディーゼル用インジェクター、C6ディーゼル用燃料フローバックホース、
DS用のハイドロブレイン、クラッチリエンゲージメントコントロール、
ハイドロポンプ数種類、etc 私たちの在庫パーツのほんの一部です。

f0323608_2126739.png

[PR]
by citroen_javel | 2015-01-02 21:26 | ジャベルについて
Commitment(CITROEN専門店ジャベルがお客様にお約束すること)


1)私達は自動車の環境負荷を減らすように努力いたします。

自動車は私達の生活には無くてはならないような道具になりました。現代生活で自動車を使うことは、環境負荷があることを十分に認識して環境負荷を少しでも少なく出来るように努力をいたします。
お買い上げただいたシトロエンを長く安心して楽しんでいただけますように、販売車両には一定期間の保証をつけてお渡しいたします。新しい車両を作ることのエネルギー負荷は大きいものです。一概に新しい環境対応の自動車にすることだが環境対策にベストであるとは考えていません。現在使用している車両をより環境にやさしい仕様に変更してゆくことも大切なことだと考えています。
私達で販売するすべてのクラシック系自動車には、環境負荷を減らすための排気ガス低減装置をご提供できるような体制を整えています。クラシック系自動車は、生産当時そのままの状態では、今日の基準では極めてハイエミッションになってしまいますが、現代の技術で対応をすると現代の車に近いような排気ガスレベルまでに排気を低減することが可能です。

2)私達は環境負荷を助長する可能性のある自動車の販売および修理をいたしません。 

近年ディーゼル乗用車の技術は格段に進歩してきました。多くのシトロエンディーゼルもこの進歩の恩恵を受けて、クリーンで燃費のよく二酸化炭素の発生量もガソリン車よりも少なめに抑えることが出来るようになっています。健康被害の大きいPM(粒子状物質)の排出レベルは、FAPシステムと呼ばれる高性能なPMフィルターを備えるモデルでは日本の車検場の検査では測定が出来ないほどの低レベルにまでなっています。しかし残念なことにすべてのシトロエンディーゼルにFAPシステムが搭載されている訳ではありません。弊社で販売させていただくシトロエンディーゼル車はFAP付モデルのみに限らせていただきます。従いまして、これらの装備を持たないシトロエンディーゼルモデルの販売は行いません。リクエストを頂いてもお答えは出来ませんのでご了承ください。

3)私達はオゾン層を破壊するフロン12ガスを取り扱いません。代替フロン冷媒も大気に放出しません。

自動車をはじめいろいろなところの空調に使用されてきたフロン12ガスは、オゾン層を破壊することで使用が禁止されています。弊社ではフロン12を使用している車両の販売ならびに整備は行いません。フロン12の空調システムが付いている車両は、すべてR134A代替フロンシステムに載せ換えて販売をいたします。またR134Aも環境負荷はR12よりも低いとは言え、地球温暖化には悪影響を与えてしまいます。R134A冷媒システムの作業を行う場合は、冷媒回収機で充填された冷媒をすべて抜き取って精製後車両に戻して再利用するようにしています。

4)修理の出来ない車両の販売はいたしません。

弊社からお買い上げいただいた車両は、弊社から直接ご購入いただいたユーザー様がその車両をお使いいただく限りは責任を持って保守サービスを行わせていただきます。販売させていただく車両は、運行保守に必要な整備ツールやダイアグノーシステムを揃えた上でお届けさせていただきます。シトロエンで有っても、弊社で保守の設備を持てない車両の販売はお断りさせていただくことがあります。ご了承ください。

5)ひとりでも多くの方のお役に立てますように精進します。

私達の仕事の目的はシトロエンを皆さんに楽しんでいただくことに有ります。現在弊社で行うメインテナンス作業は、自社で販売させていただいた車両を優先して行わせて頂いています。これは弊社のサービス工場が極めて小規模なために、沢山頂いている整備のお客様のすべてのリクエストにはお答えできない現状となっています。いつか設備と人員が整ったときには、すべてのお客様のリクエストにお答え出来る様な体制をとらせていただきたいと望んでいます。それがシトロエンワンダーランド(今村幸治郎R)への道と考えています。
[PR]
by citroen_javel | 2015-01-02 21:11 | ジャベルについて
シトロエンスペシャルショップジャベル(JAVEL)へのアクセス


f0323608_21225018.png


JAVEL(ジャベル)担当:竹村
住所 : 東京都品川区荏原2-18-10
TEL : 03-3784-5051
メールでのお問い合わせはこちらから
営業時間 : 9:00〜18:00
定休日 : 毎週月曜、第二・第四日曜日、祝日
[PR]
by citroen_javel | 2015-01-01 21:23 | ジャベルについて
JAVEL History(シトロエン専門店ジャベルの歴史)


ジャベルは1952年に竹村モータースとして現社屋のある場所で創業しました。
オートバイの販売修理から始めて、数年後からは3輪4輪車も扱うようになりました。
懐かしいミゼットやスバル360が会社にたくさん入っていた時代もありました。
昭和40年代に軽自動車の車検が導入された頃は、当時のスバルの地区代理店でもあった
伊藤忠自動車の下請け工場としてスバルの整備を多数こなしていました。

1980年代初期までは国産車をメインに扱う街の自動車修理工場として営業してきました。
徐々に外国車の比率が増えてきて、いつの間にかシトロエンが大多数を占めるようになってきました。
1987年から1993年までは当時のシトロエン正規販売元西武自動車の
地区販売代理店業務を行いました。

代理店契約解消後は、独立した、シトロエンを専門に扱うスペシャルショップとして、
主にクラシック系シトロエンの輸入、販売、メンテナンス業務を行ってきました。

シトロエン専門店として社名もシトロエン画家今村幸治郎先生に命名していただいて、
1990年にJAVEL(ジャベル)と社名変更いたしました。

2002年に最新型のC5の並行輸入を開始したのに伴い、
シトロエンダイアグノーシス導入に踏み切り、2006年秋からはしばらく休止していた
新車の輸入をC5ディーゼルターボモデルの販売開始を機に再開し、
現在はモダンとクラシック双方のシトロエンが一緒に並ぶJAVELになっています。
[PR]
by citroen_javel | 2015-01-01 21:09 | ジャベルについて
about JAVEL(シトロエン専門店ジャベルについて)


JAVELはシトロエンを日々の生活の中でお使い頂く
楽しい素敵な道具であると考えています。
気持ちよく楽しんでいただくには、車両の状態を維持するサービス体制が
一番重要であると考えます。
独自の基準で念入りに仕上げられたクラシック系シトロエンのサービスは、
最も得意としている分野です。

クラシックモデルでは異例の長期保証と豊富なパーツストックで
バックアップさせていただきます。

日々の使用に不可欠な空調システムに使用する冷媒は、
すべて代替フロンシステムに変換してあるばかりではなく、
真夏の渋滞でも安心してお使いいただけるような対策も施されています。

ニューモデルは正規輸入されていないモデルも長期保証付でご提供いたします。
最新のシトロエンダイアグノーシスとサービスデータを備え、
モダンシトロエンライフを後存分に楽しんでいただける準備が揃っています。

ジャベルは環境対策も忘れてはいません。
クラシック系シトロエンは政策当時の環境基準は満たしてはいますが、
現在の基準で比較するとハイエミッションになってしまいます。

この問題を解決するために、独自で開発したローエミッションシステムの
ご用意があります。

ラムダセンサーと車種別に設計された専用コンピューターで構成された
本格的な排気ガス低減装置です。

これは装着していただくと排気管から出るガスはほとんど無臭になり、
クラシックカー故の肩身の狭い思いはなくなります。

ニューモデルではディーゼル車に力を入れています。
地球温暖化対策の要と言われている二酸化炭素削減。
この排出量が極めて少ないディーゼルモデルは、
近年の目覚ましい技術の進歩で走行性能もエミッションも大幅に改善され、
目覚ましい性能とフューエルエコノミーを両立した新しい乗り物に変貌しています。
ぜひ最新シトロエンディーゼルをお試しください。

私たちはとても小さな会社ですが、
シトロエンを愛する気持ちと情熱は誰にも負けないと自負しています。

ジャベルを皆様の楽しいシトロエンライフのパートナーとして
選んでいただければ幸いです。
[PR]
by citroen_javel | 2015-01-01 21:01 | ジャベルについて